英会話教材を購入者した人の評価や満足度をランキング形式で紹介

英会話教材ランキング

1位 スピークナチュラル

リスニング力だけを鍛えるだけではなく、英語会話力を意識した教材となっており、自然と英語を話せるよう鍛えるよう工夫さ...

2位 リスニングパワー

リスニングパワーは、聞き流すだけで英会話を習得できる英会話教材です。日本人の為に独自開発された教材となっていますので、短期間での...

3位 ヒアリングマラソン

アルクのヒアリンングマラソンは英会話を学習している人であれば誰でも知っていると言っても過言ではないくらい英会話教材...

4位 30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラムは、30日間の短期集中で英会話の基礎を習得する為の練習法を身につけ、日本語に置き換える事なく、英語...

英会話教材について

英会話を学習していくのに教材が必要になってきます。その英会話教材を選ぶときに気になるのがどのような内容で学習していくのか価格はいくらなのかきになりますよね。

英会話の教材は他の教材と比べると高くなっており、高い教材を買う事で英会話力がアップすると考えている方もいると思いますがその考え方は今すぐに捨ててください。

安くて質の良くない教材、高くて質の良い教材があれば安くて質の良い教材、高くてもその価格に見合った内容ではない教材がありますので選ぶ際には自分のレベルに合った教材を選ぶ事が一番いいですね。

最近では小学校から英語が必須科目となっているため、英会話教材は多種多様化しており、と同時に英語を学び始める年齢は、低年齢化しています。

■幼いときは楽しませる事が重要

生まれたときから英語を聞かせておくと発音が上手になったりする、そして、日本語と英語を同時に覚えることができるということで赤ちゃん向けの英語CDなどが、最近の英会話教材として挙げられます。キャラクターなどが英語を喋ったり、英語の歌を歌ったりするため、小さな子どもでも無理をせず楽しむことができます。

さらに少し年齢が上がると、英語を話す絵本なども人気になってきています。歌や英単語を覚えることで、英語に親しみを持ってもらえるようになるからです。

■タブレット用の教材で学習

小学校くらいになると、タブレットやゲーム機で英語を覚えることができます。特に、タブレットの英語教材は、どこでも持ち歩くことができますし、文法や単語だけでなく発音も覚えることができますので重宝されています。やはり、英会話ができるようになりたい、小さなころから無理して覚えることなく頭に入れるためにはタブレットなどのゲーム形式が有効であるからです。

小学校の間は、英語の会話力をつけることや英語に親しみを持つことが重要ですので、英会話教材としても、CDやDVD、タブレット用教材など、話すことを主眼に置いたものが多いです。しかしながら高学年になるにつれ、英語を書くことも重要になってくることから、英語を書いたり、単語を覚えたりすることができる教材が増えてきています。

■スマートフォンのアプリを活用

中学生になると、英語で聞いたり喋ったりすることももちろん必要ですが、英文法の概念を学ぶことも必要です。ですので、英会話教材としては、会話文の中に文法の要素が入れられたもの、教科書に準拠したCDなどが使われるようになってきます。高校受験や大学受験を意識したものとしては、やはりリスニング、聞き取り能力を同時に養うような英会話教材です。CDで学ぶことができる教材はもちろんのこと、スマートフォンのアプリなどでも学ぶことができる英会話教材が支持されています。

最近では、大学のセンター試験はもちろんのこと、二次試験でもリスニングを実施する大学が多く、英会話能力を上げることが必要になります。そのため、英会話についても文法と同じくらい重要になってきています。スマートフォンのアプリや、気軽に聞き流せるCDなどは、勉強の合間に会話力やリスニング力を上げることができるため、多くの高校生に支持されています。

大学においても、英会話は重要ですし就職試験でも外資系の企業を中心に英語面接を実施している企業もあります。そのため、就職活動を意識した英会話教材も販売されており、就職活動準備の学生が購入しています。

英会話教材は、目的やレベルに合わせた選択が有効的

英会話は、生まれた時などの幼児期から聞き慣れた環境であると、自然と語学力が身につく場合があります。大人に成長してから習得しようとすると、聞く、理解する、話すがかなり分離した作業になるため、一気には習得が困難なケースもあります。

英会話教材を探す場合には、まずは英語を理解するよりも、できれば英会話に慣れる事が必要になります。万一、英語力がほとんどないという自己評価があるのであれば、簡単な内容のCDなどを聴き込む事で、聴覚が慣れる事になります。大まかに言えば、耳からの英会話によって、自分の言葉で英語が話せる様になる事を目的とした英会話教材があります。

■自分に合った教材探し

英会話教材は、その人の英会話に対する目的やレベルに合わせた選択が有効です。最近の教材の中には、聞き流すというタイプの商品があり、英会話を全く話せない人にも効果を期待できるものがあります。英会話を話す目的は、各人で必要なシチュエーションなどにも違いがあります。この点は、少し区分して教材を選ぶ必要も生じる事になります。

全く英語力には自身がなく、英会話も話した事がないという場合には、日常英会話をネイティブスピーカーが話す、聞き流すタイプの教材を利用できます。日常にある、一般的なシチュエーションを想定した内容になっているため、英会話の基礎部分を習得したい人には適している内容です。書店や通販などでの購入ができるものが多いため、手軽に英会話の勉強を始める事ができます。

■ビジネス英会話について

一方で、ビジネスシーンでの英会話が必要な場合には、やはりビジネス英会話用の教材を選択するのが有効です。ビジネスシーンは、そのシーンを想像してもわかりますが、一般的な日常英会話のシーンとは設定が異なります。ビジネスでは、必要とされる特徴的な単語や熟語なども多く存在しています。

センテンスとして覚えておくと、ビジネス英会話の間がもつ様な内容もありますので、ビジネスシーン専門の英会話教材を利用すると役立ちます。ビジネス英会話としての教材は、初級、中級、上級などに区分された販売商品が多く見られます。それだけ専門性が要求される場面も多いので、自分のレベルに合わせて英会話教材を選択し、レベルアップをしていく事なども可能です。

■海外旅行でも活躍

また、海外旅行に行く直前に、英会話教材を探す人も多く見られます。この場合には、楽しい旅のシーンを想定したCD付きの教材などを選択すると、有効なフレーズなども覚え易くなる事があります。海外のショップでの買い物シーンなどを想定した学習もできますので、可能であれば、ロールプレイング形式で、ペアでの学習に応用するなどもできます。

英会話教材を利用する際には、目的に応じた内容を選択すると、効果の高い学習に繋がります。

幼児期における英会話教材は、脳の働きに注目できます

英会話を独学で習得する場合には、やはり年齢などを考慮した上で、教材などを選択する必要があります。脳の発達などにも年齢による成長の違いがありますので、ここは大きく考慮すべき点となります。

例えば、赤ちゃんから幼児期にかけては、脳の働きが非常に優れている時期であるとされています。成長が著しいという見方ができます。わかり易いところでは、言語の習得能力が高いというポイントがあります。小さい内に、多言語を聞き慣れた環境にいると、複数の言語を聞く、話すという能力が発達します。この様な幼児期における英会話教材としては、目と耳の発達に合わせた教材が好ましいと言えます。

■親のサポートが必要

幼児期の場合には、好みは別として、自分で適格な教材などを選択する事ができません。独自に英会話を学ばせる場合には、お母さんのサポートが必要になります。書店や通販などで幼児用の英会話教材を選択し、ある程度まではお母さんと共に楽しみながら学べるものが適切であるとも言えます。幼児の場合には、脳がスポンジの様な吸収力をもっている状態でもあります。一方では、集中力に欠ける、集中力に持続性がないというやや難点な部分も併せもっているのが特徴です。

■大人にはない習得力

具体的には、幼児用の英会話教材として、ピクチャーカードなどは有効な英会話の習得に繋がるものです。発音については、ネイティブによるCDなどが添付してあると、より自然な発音に聞きなれる結果を期待できます。幼児の脳は、大人では理解できない様なスピードで、絵とカードに関する単語や説明などを聞き取ってしまう事ができる能力を有しています。

大人になると、視覚と聴覚が区分された深い理解力を示す様になります。幼児の場合には、内容に深さをもたないまでも、一瞬にして見る、聞く、話すという動作を同時に行う事が可能なケースが多くあります。

■フラッシュカードで学習

幼児に適した英会話教材は、フラッシュカードなども適していると言えます。フラッシュカードの場合には、上記の幼児期独特な脳の働きを活性化させるものです。フラッシュさせる必要がありますので、ゆっくりカードをめくるのでは意味がありません。多少行う人のスピードなどに工夫が必要となりますが、幼児期の脳の発達の凄さを実感できる場合が多くあります。

フラッシュカードを行う行為を英語のインプットとすると、幼児が自然に発音に繋げていける様になる行為は、アウトプットという事になります。フラッシュカードは、インプットとアウトプットという流れを効果的に行える英会話教材になります。お母さんがかなりのスピードで、カードに関する発音を続けていくのが難しい場合には、やはりCDが添付された教材を選択すると便利です。

幼児期の英会話教材は、幼児期独特の脳の働きを活用し、楽しく実施できる内容が適しています。

背伸びはしないこと

自分に合った教材の探し方は価格を見ずに内容を見て自分にレベル合っていると思った教材を探す事です。見つかってから価格を見て自分の予算内であればその教材がベストなものになり、予算がオーバーするのであれば他の教材を選ぶのもいいのですがやはり一番最初に選んだ物が自分にとっての一番の教材になりますし、自分のレベルに合っているので継続しやすく途中で諦めることが少なくなりますので最初に選んだ教材をおすすめします。

いきなりレベルの高い英会話教材を購入してしまうと諦めてしまうケースが非常に多いので、しっかりと自分のレベルに合った教材を探しましょう。英会話は日常生活に取り入れる事が大切なので、すぐに諦めてしまうとそこで終わってしまいます。このことから教材選びは非常に大切になってきますので購入前にしっかりと内容をチェックしましょう。

英会話教材のメリット、デメリット

■メリット

時間に拘束される事無く、自分の好きな時間に学習できる事です。自分にマッチした教材で学習していれば、比較的早くマスターする事も可能です。また、スクールと比べて料金が安くなっているので、費用を抑えることができます。自分のペースで学習できるので、頭に入ってきやすいでしょう。

■デメリット

良い教材と悪い教材の差があり、良い教材でも自分に合っていなかったら、あまり役に立たない事もありますし、効率も悪くなってしまいます。良い教材を探そうとしても、なかなか自分に合った教材が見つからないと行った事もあります。この探す事に時間をかけすぎてしまうと、その時間が勿体なくなります。

更新情報・お知らせ

2016/03/15
トップページを更新しました
2015/04/28
サイトをリニューアルしました
2015/04/22
『ヒアリングマラソン』を追加しました
2015/03/26
『リスニングパワー』を追加しました
2015/03/14
『英会話の勉強法』を追加しました
2015/03/11
『英会話の基礎知識』を追加しました
2015/03/05
『役に立つ英会話教材』を追加しました
人気英会話教材ランキング おすすめの英会話教材の口コミと評判を比較

↑ PAGE TOP

人気英会話教材ランキング おすすめの英会話教材の口コミと評判を比較