不眠症の改善対策 安眠枕などのグッズのランキング

不眠症の改善対策法 安眠枕などのグッズのランキング

安眠方法や枕などのグッズを紹介

■レム睡眠とノンレム睡眠

■レム睡眠

レム睡眠は浅い睡眠状態の事をいい、体は寝ているのに対し、脳は活動している状態の事言います。眠りにつく時は先にノンレム睡眠に入り、後からレム睡眠に移ります。その後、20〜30分くらい後にノンレム睡眠状態になるという事を繰り返します。一晩でおよそ4〜5回レム睡眠がやってきます。

■レム睡眠とノンレム睡眠は交互

レム睡眠中は基本的に全身の筋肉が弛緩してい増すが、たまに体の筋肉が緊張状態に場合があり、この事をレム睡眠行動種害と言います。何らかの、脳の疾患となる場合もあり、寝言もその1つで、症状は軽いと言えます。ひどい場合は夢遊病になる事もあります。症状を認識する方法はレム睡眠中の夢と行動は一緒だっ多場合、その行動を見た人と、本人の言っている事が一緒であれば認識する事ができます。

■ノンレム睡眠

レム睡眠中に脳が覚醒して体が休んでいる状態とは逆に、脳が休んでいる状態の時に新陳代謝が促進されるのがノンレム睡眠になります。心拍数も安定していて体温が少し低くなりますが、この間に体の細胞を元気にし、免疫力を高め底きます。ノンレムの意味にはレム睡眠ではないという意味が含まれています。このとき、脳は完全に休んでいるので、物音や揺さぶられたりしても目が覚める事はなく、無理矢理起こされたとしても、かなり眠気を感じます。

レム睡眠は浅い睡眠状態の事をいい、体は寝ているのに対し、脳は活動している状態の事言います。眠りにつく時は先にノンレム睡眠に入り、後からレム睡眠に移ります。その後、20〜30分くらい後にノンレム睡眠状態になるという事を繰り返します。一晩でおよそ4〜5回レム睡眠がやってきます。

■レム睡眠とノンレム睡眠は交互

レム睡眠中は基本的に全身の筋肉が弛緩してい増すが、たまに体の筋肉が緊張状態二場合があり、この事をレム睡眠行動種害と言います。何らかの、脳の疾患となる場合もあり、寝言もその1つで、症状は軽いと言えます。ひどい場合は夢遊病になる事もあります。症状を認識する方法はレム睡眠中の夢と行動は一緒だっ多場合、その行動を見た人と、本人の言っている事が一緒であれば認識する事ができます。

ノンレム睡眠中に起こされても、脳が覚醒する前の状態の事を「寝ぼけ」と言います熟睡できて体が軽いと感じる時は、ノンレム睡眠をしっかりと摂る事ができ、体が回復している証拠になります。この事から次の日に、眠気を感じずに元気に過ごす為には、ノンレム睡眠をしっかりと摂る事が大切になってきます。ノンレム睡眠でしっかりと回復し、レム睡眠の状態で目覚めるといパターンが1番理想の形となりますね。
不眠症の改善対策 安眠枕などのグッズのランキング

トップ

おすすめの安眠グッズ

不眠症のマメ知識

不眠症の知識を知っておく事が改善の近道
何が原因で不眠症になったのか?原因を探ろう!
不眠症を改善して、快適な毎日を送ろう
睡眠の深さに関係してくるこの2つをチェック

サブメニュー

お問い合わせはこちらからお願いします。
不眠症の改善対策 安眠枕などのグッズのランキング