債務整理の弁護士費用や評判 法律事務所ランキング

債務整理を行う前に無料相談しましょう。

法律事務所によって費用が異なってくる

■個人再生とは?

・個人再生再生と自己破産

債務整理の方法にはいくつか種類がありますが、その中に民事再生という方法があります。民事再生を利用する人は、任意整理を行なってもまだ返せないほどの借金が残っている場合で、自己破産はしたくない、家を手放したくないといった人が生活を再建するために整理する方法です。 民事再生を利用するには、継続して収入を見込める人が対象となります。

住宅ローンを除いた借金総額が5,000万円以下の場合には、手続きが簡単な小規模民事再生となります。また、サラリーマンの場合は、特例により手続きが簡素化されているのも特徴です。 民事再生は借金の元金を大幅に減額ができるのが大きなメリットです。

家などの財産を手放すことなく、経済的な返済計画を立てられるのもメリットです。 民事再生のデメリットとしては、一般の人はあまり見ることはないでしょうが、官報に掲載されるということです。気にならない人にはデメリットにはなりませんが、信用情報機関に登録されるため、約7年間は借入ができなくなります。

民事再生は原則3年間で借金を整理します。また、借金の理由については、特に制限がないのも特徴です。 そして最後は自己破産です。とにかく借金をなくしたい、絶対に返済不可能なお人は自己破産をするしかありません。

債務整理の方法で一番最後に利用する方法です。自己破産は多重債務に陥った人を救済するための方法です。自己破産を行なうことで多重債務から逃れることができます。 自己破産はほとんどの人が誤解をしていますが、一定の財産を手放す必要はありますが、生活に必要なものは最低限保護されますし、財産がなければ手続きはすぐに終わります。

手続きがおわれば旅行にいくことも可能ですし、自己破産後に取得した財産に関しては差し押さえられることもありません。 しかし、自己破産をすることでいくつかデメリットはあります。一定の財産はすべて手放す必要があります。

官報や市町村役場の破産者名簿にも掲載されますが、一般の人が見ることはあまりないので、デメリットと考えるまでもないかもしれません。 そして信用情報機関に登録されますので、約7年間はクレジットカードなどを利用することができません。 債務整理の最終手段ですが、最悪の場合はこの方法しかありません。
債務整理の弁護士費用や評判 法律事務所ランキング
最終更新日 2014 7/18

債務整理をする法律事務所

債務整理のお役立ち情報

過払い金請求お役立ち情報

債務整理の弁護士費用や評判 法律事務所ランキング