消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査

消費者金融、キャッシングを徹底比較しよう




消費者金融とは?

消費者金融を比較
消費者金融は個人に対し、無担保で融資してくれる金融機関です。銀行よりも融資までの時間が早く『借りやすい、返済しやすい環境』が消費者金融の最大のメリットと言えるでしょう。TVCMなどでも宣伝されていることから身近な存在になりました。


消費者金融で審査をどうしても通したい方へ

消費者金融でお金を借りる際に審査があります。この審査に通る事ができなければお金を借りる事はできません。この事は知っている人は多いでしょう。審査で一番重要視される所は個人の信用情報です。

過去に借金した事があり、返済できなくなって債務整理(任意性や自己破産など)した事がある方はブラックリストに掲載されますので審査が通る事はほぼできないと思ってください。

このように債務整理を行った方はお金を借りる事はできないかというと、そういうわけでもありません。過去に借金した事がある方でもお金を貸してくれる所はあります。 大手の消費者金融の審査は厳しいですが、中堅の消費者金融の審査は甘い事があり、お金を借りる事ができるのです。審査を申し込む時に注意が必要で、1日に何社もの業者に申し込む事は止めましょう。

消費者金融は年々利便性が向上しており、無人契約機が多くなってきてたことから利用する方も多くなってきています。また、ネットで申し込む事ができる所もありますので、自宅にいながら申し込む事も可能となってきました。簡易的に申し込みお金を借りる事ができますが、利用する際にはしっかりと計画を立てる事が大切です。

審査について

消費者金融
インターネットで申し込み可能
消費者金融でお金を借りる際に、ある程度の安定した収入が必要になり、アルバイトやパートで収入を得ている方であればお金を借りることができます。審査のスピードが速いことも利用する人が多い理由で、急にお金が必要になったときでも借りることが可能となります。

消費者金融は大手から

消費者金融は法律に基づいてお金を貸す業者のことです。消費者の返済能力、返済意思、担保など総合的に判断されます。主に銀行などの金融機関、クレジット会社、信販会社が与信者となります。「サラ金」と呼ばれることも多かったですが、イメージから消費者金融という愛称が使われ浸透していきました。

消費者金融イコール悪い印象を持つ人もいると思いますが、どんなローンも使い方でかわってきます。まず消費者金融からの借り入れは借金であることをしっかり認識することです。借り入れ前には返済プランを練り、シュミレーションしておくことが必要です。借り入れは、すくない額で最小限に済ませることが大切です。また金利が高いので、融資額が高額になると余計な金利が増えるので注意しましょう。

消費者金融はCMを流す大手から小規模に営業しているようなところまでたくさんの数があります。利用するなら大手の金融がお勧めです。知名度があり、借り入れの詳細や条件も明確に示しているからです。初めて借りる方は大手のほうが間違いなく安心できます。

消費者金融の分類と特徴

消費者金融は、一般の個人向けの貸し付け業務を主とする業態です。貸し付けの際に借りる人の信用度チェックを行い、無担保で融資を実行する場合がほとんどです。

これを借り手の側から見た分類で整理します。

この消費者金融は、かつてはサラ金などと呼ばれていました。それは、会社員(サラリーマン)が借りることが多かったからです。サラリーマン金融を略してサラ金と呼んでいました。 サラリーマンは、日常の消費生活の中で、急な出費を強いられる機会が多いため、サラ金のニーズが高かったのです。例えば、上司や同僚の結婚式や昇進祝いなどの飲み会や会合、友人らとの宴席や旅行、家族サービスのための娯楽などへの出費などです。

その後、消費者金融と呼ばれるようになりました。これはかつてのサラリーマン主体の融資から、主婦やOLなどの女性への融資も増えて来たため、呼び名が変わったのです。これは、サラ金によって、個人向けの融資の利便性が理解されて広まったことが要因です。

次に貸し手である貸金業者の側からみると別の見方ができます。 まず、貸金業者が外資系であることも珍しくありません。日系の業者である場合もあります。 また、貸金業者の本体の事業でみると、複数の分類ができます。

クレジットカード会社

まずは、クレジットカード会社が運営する貸金事業です。これはクレジットカードに付帯する「キャッシング」と呼ばれるサービスです。なぜこのようなキャッシングをクレジットカード会社が手掛けるかというと、クレジットカードでのショッピングの際に、キャッシングを利用してもらう機会を増やすことで、より高い収益を得ることができるためです。

銀行系

次が、銀行系です。大手銀行だけでなく、他の銀行も傘下に消費者金融の子会社を保有している例がたくさんあります。テレビコマーシャルなどでも盛んに宣伝しています。これは、給与の受け取り口座である銀行口座には現金が滞留する機会があるため、そこにショッピングなどの消費の機会があります。そこで預金が不足しがちな利用者に貸金業務でサポートするという流れができます。

ノンバンク系

三つ目の分類は、ノンバンク系です。これは、銀行系ではないことを意味する英単語が由来で、主に消費者金融をメインに手掛ける会社です。

まとめ

このように、消費者金融には様々な分類の仕方があることが分かります。

この貸金ビジネスという金融業には、独自のルール・法律が定められています。その一つが、融資の際に決められる金利の上限を定めた「利息制限法」です。これは、融資金額ごとに、借りる人の金利負担の上限を定め、利用者に過度の金利負担を強いる悪質な行為を防ぐことが目的です。この法律により、消費者金融業界がより健全な発展を遂げることができたのです。

消費者金融と闇金の違い

消費者金融とは、お金を借りに来た人にお金を貸す事で利益を確保している業者の事になります。現在では様々な業者が金融事業を行っていますので、急にお金が必要になった場合には非常に便利な存在になっています。

しかし多くの方が消費者金融と聞いた時に、違法な金利を取っているのではないかと言うイメージを持っています。

これは一昔前も情報が基になっており、また消費者金融と言う言葉自体にマイナスイメージがついていることが理由になります。 まずお金を貸す事を仕事にしている所には、消費者金融の他に街金と呼ばれる小規模の消費者金融があります。

闇金より消費者金融の方が安全?

こちらに関して言えば優良な業者もありますが、中には違法な業者も存在しています。またいわゆる闇金と呼ばれる完全に違法な業者も存在しています。

一般的な消費者金融はサラ金と呼ばれる事もあり、法律で定められた範囲内で貸付を行っています。一方闇金の場合は法律を無視していて、例えば10日で1割の利息がつくようなトイチと呼ばれるような法外な金利をとっています。

多くの方が持っているイメージは一部の悪質な街金や闇金の事になります。なので一般的な消費者金融は比較的安全性が高いと言えます。

最も安全な銀行系

基本的に何も分からない状態でお金を借りるのならば、大手の金融会社が良いとされています。最も安全性が高いのは、銀行が直接貸し出ししている銀行系のカードローンを利用する事になります。 この場合は審査が厳しくなりますが、違法な金利がついたりする事はありませんし厳しい取り立てがされる可能性は極めて低くなります。

大手消費者金融

またそれが無理な場合には、テレビCMなどのメディア展開している業者が良いとされています。 こちらの場合は、テレビなどでメディア展開している以上企業イメージが重視されます。したがって何らかのトラブルがあった場合には、大きく企業イメージを損なうことになりますので比較的安全性は高くなります。

なお、基本的にこれらの大手企業からお金を借りる事は双方に大きなメリットがあるとされています。 貸す方は返済が見込める相手に貸し付ける事が可能になりますし、借りる方は法律に守られていますので安心して借りる事が可能になります。

返済ができなくなる闇金

一方闇金からは絶対に借りてはいけないとされています。 多くの場合は反社会的団体の資金源になっていますし、それに加えて厳しい取り立てなどが行われる事が多くなっています。

一般的な消費者金融からの借り入れが不可能になった場合に、最後の手段として借り入れを考える方がいらっしゃいます。 しかしその場合にはますます返済が厳しくなってしまいますので、闇金からは借り入れるよりは債務整理などの別の手段を講じる事が重要だとされています。

新着情報

消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査

消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査