消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査

消費者金融、キャッシングを徹底比較しよう




トップページ » 未成年の消費者金融

未成年でも消費者金融を利用できる

未成年者の借り入れ

基本的に借り入れは20歳になってからと決められているので、20歳以下の方には融資しません。しかし、絶対に融資をしてはいけないと法規制されてるわけではないため、融資条件が甘い消費者金融からなら未成年でも融資を受けることができます。消費者金融は、一定の収入を持っていれば、保証人や担保不要で契約できる融資を提供しています。そのため条件をクリアすれば、未成年でも自分の責任だけで借り入れをすることができるのです。

融資条件が18歳以上になっているか

消費者金融は未成年者に融資を行っていますが、ただ、そうは言っても大半の業者は20歳以上を対象にしているのが現状です。そこで、消費者金融の中でも18歳以上を融資対象にしている業者を選んで申し込みをするようにしましょう。対象となる18歳は社会人のみならず大学生、短大生、専門学生などでも問題ありませんが、高校生は不可ですので注意してください。

保護者の承諾が必要

未成年者が契約するに当たり、保護者の同意が必要になります。20歳を超えている場合は学生でも保護者の同意は必要ありませんが、未成年なら社会人でも保護者の同意が必要です。ただし未成年の既婚者は成人と同じ扱いを受けるため、保護者の同意は必要ないとしています。仮に保護者の同意なく契約した場合は、その借入契約を無効にすることが可能で、つまり返済をしなくてもいいということになるのです。ただ、逆に言えば、保護者の同意を得たら、いかなる場合でも借入契約の無効化はできません。よって、正規の消費者金融が未成年者の融資を行う場合は必ず保護者の同意を取ります。

返済できなくなったら

万が一返済ができなくなってしまっても、保護者の同意を得て借入契約をした以上は返済義務から逃れることはできません。よって、自分で返済できない場合は親に助けてもらう、それが無理なら債務整理をするしかないでしょう。しかし債務整理をすると、今後の借り入れが難しくなるため、返済できなくなるような借り方はしないことが大切です。

消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査

消費者金融の口コミ比較ランキング|審査の事や評判などを徹底調査