加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

女性の加齢臭対策ランキング2013! 加齢臭の消し方や加齢臭の原因(男性、女性)を紹介

足の臭いの改善・対策について

足の臭い対策・ソックス

足の臭いが気になるなっていていろいろな対策を行っている方もいると思います。足の臭い対策として5本指ソックスというものがあります。

足の臭いの原因として、汗などで高温多湿になり蒸れた状態などが原因ですが、5本指ソックスは1本1本の指を覆って汗を吸収してくれるのでおすすめです。素材もにもよりますが、通気性が良いので、足の環境としては良くなり、指も動かせるので、血流も良くなります。

5本指ソックスというと、水虫対策としてのイメージが強いですが、最近では、オシャレなものや、かわいいものなど種類が増えています。臭い対策かは分かりませんが、スポーツ選手を使用している方が多いようです。

最初は1本1本指を入れていかないといけないので面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば苦にはならず、逆に普通のソックスでは履き心地が物足りなくなるかもしれません。足の指が自由に動かせると、踏ん張る力が強くなるので、体のバランスが良くなります。

足つぼなどが流行っていますが、足にはつぼや反射区というものが多くあり、各臓器と繋がっているのです。足の指には、脳や目、耳の反射区と繋がっているので自由に動かす事で脳の活性化も期待できます。

臭い以外にも効果があるのは良いですよね。足の臭い対策としてのポイントは、足になるべく通気性の良い環境作ることです。これで、汗と雑菌が混ざる量が減って臭いを抑えることができます。あと、毎日お風呂で足を洗いましょう。家の中ではソックスを履かず、なるべく裸足でいることを心がけましょう。

雨の日の足の臭い対策

足の臭いには個人差はあると思いますが、足が1日にかく汗の量は約コップ一杯分と言われています。普段ストレスを感じやすく、精神的に緊張して汗をかく方や、スポーツをしている方はもっと汗をかいている事になります。靴下や靴などで覆われている時間が長いので納得できますね。通気性が良ければ汗をかいても大丈夫なのですが、ほとんど密閉されてしまうのでなかなか難しいことです。

そこで、大事になってくるのが、毎日の足のケアです。特に雨の日は靴が濡れて蒸れやすいので注意しましょう。外出中にはなかなかケアはできませんが、足下の防水スプレーをしたり、休憩中には靴を脱いで通気性を良くする事はできます。重曹を靴下や靴などに入れておく事で一時的に消臭効果があります。

帰宅後は靴をしっかりと殺菌したあとに乾かし、2〜3日はその靴を休ませましょう。脱臭、防臭剤が入ったシューキーパーを利用するのを良いですよ。そのまま放置したり、次の日に履く事は決してしないように。

足もゆっくり洗い、酢や重曹が入った足浴をすると足の疲れもとれるのでおすすめです。梅雨の時期は玄関や下駄箱が雑菌の繁殖場になることが多いです。足に気をとられてしまいますが、靴の保管場所にも対策が必要になってきます。玄関に竹炭を置くなど対策をしていきましょう。

止まらない「足汗」に! 7大成分たっぷりのPiede(ピエデ)

靴のローテーション

足の臭い対策として、その原因になる行為をできるだけ避けることが大切になります。その原因の1つが蒸れをつくる靴の環境が問題になってきます。靴は通勤の場合で考えると、朝7時に出勤するとして、帰宅するのが19時だとすると約12時間、足と靴が密着している事になります。1日の半分は一緒の靴とともに過ごしていることになりますね。

なので、靴にも休息の時間を与えることが大事になってきます。梅雨の時期は、雨で濡れたり足汗を含んだ状態が長く続いてしまうので、十分に乾燥できるかが問題になってきます。風呂場に乾燥機がある家の方は、靴をしっかりと洗ったあと乾燥機で乾かすことができますが、乾燥機がない家ではこの方法は使えません。

このような場合は靴をローテーションさせる方法があります。数足の靴をローテーションさせることで消臭効果と一緒に、靴を長持ちさせることもできますので、おすすめの方法です。

もう1つの対策として、靴に重曹を入れておくのも良いですよ。足の臭いの原因として一番厄介なのが、高温多湿の環境になりやすい事です。梅雨の時期には、会社などに予備の靴を準備しておき、通勤用と仕事用に分けるのも1つの方法ですね。

会社によってはスリッパなど所もあると思います。湿気のこもる時期には、来客への臭いに対する気配りとして容認されてもいいと個人的に思います。まとめとして、梅雨の時期などの湿気が多い時期に、一緒の靴を履かずローテーションさせる事で足の臭い対策になります。靴下も同じもの履かないように注意しましょう。

足の臭い対策はこまめに

足の臭いが発生してしまう原因は足汗にあります。足にはエクリン汗腺が多く、汗を多くかく原因になっています。足や足の裏は、手のように手軽に洗う事が難しく頻繁に汗を拭く事ができないので、足が蒸れて角質がふやけて雑菌が繁殖しやすい環境になりやすくなります。この状態になると水虫になりやすい環境なので改善が必要になってきます。

足は1日中、靴下や靴を履いていますので、自然と汗とかいている事が多くなります。緊張したときに、手に汗をかく事がありますが、足にも同じ事が言えますので仕事などで緊張状態が続く事で汗をかいてしまう事があります。自分なりのリラックス方法を見つけて、少しでも緊張をほぐす事ができれば汗の量もかわってきますので、臭い抑える事に繋がりますね。

消臭、除菌スプレーを使用する時も、そのまま使用するのではなく汗を拭いて靴下を変えてから使用すると、より効果がでますので少々手間はかかりますが臭いが気になるのであればこのような対策もしていきましょう。外出中はなかなか対応できず、靴や靴下を長時間はいたままになり、足汗をかいた状態が続いてしまうと、雑菌の繁殖も活発になってきます。

足汗を完璧に防ぐことはできませんので、毎日の足のケアが大切になります。仕事から帰宅後に足を洗って少しでも清潔な状態を保つ事が重要ですね。できれば、梅雨の時期だけでもこまめに対策をするだけでも、足の臭いを抑えることに繋がりますので対策していきましょう。

止まらない「足汗」に! 7大成分たっぷりのPiede(ピエデ)

死角になる部分をしっかり洗う

足の中で蒸れやすい箇所は特に足の指ぼ間にので、対策をするのであればここを重点に対策していく事が大切になってきます。特に梅雨時期はジメジメしていて蒸れやすくなりますので、注意しましょう。

お風呂に入るときはただ洗うだけでなく、専用のブラシ(歯ブラシでOK)で洗うとより良いでしょう。あまり固めの歯ブラシにすると皮膚を傷つけてしまうので、柔らかめのもので洗いましょう。

タオルでもいいのですが、洗いにくかったり、細かいところまで洗えない場合がありますので、歯ブラシをおすすめします。死角になっているところを中心に洗っていく事で臭い抑えることが可能になってきます。

歯ブラシで洗っていると、意外に気持ち良くなってきてきますよ。また入念に洗っていくうちに、血行がすごく良くなってきて身体が温まってきます。しかし、洗い過ぎると皮膚を傷つけてしまいますので注意しましょう。その日の足の状態にもよりますが、洗う間隔を空けた方がいいですね。

雨の日は、足が良く蒸れますので必ず洗った方がいいです。お風呂上がりは肌が乾燥してますので、保湿クリームを塗って足周辺のケアをしっかりとしていきましょう。できるだけ、家の中では靴下を履かずに風通しを良くしておく事が大切です。

足の指を開ける事もいいので、足を指を広げるグッズなどで広げる事もおすすめです。手の指を足の指に挟むことでも広がりますので手軽にできます。疲れているときにすると、リラックスできて気持ちいいですよ。足の指の間は、ケアの死角になりやすい箇所になりますので、十分に注意していきましょう。

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

↑ PAGE TOP

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー