加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

女性の加齢臭対策ランキング2013! 加齢臭の消し方や加齢臭の原因(男性、女性)を紹介

加齢臭の原因

加齢臭・枕のにおい1

みなさんは毎日使っている枕からにおいがしてきたということはありませんか?それはもしかしたら加齢臭かもしれません。枕のにおいの原因は頭や首回りからでる汗と、その汗と一緒に出てくる皮脂がにおいの影響しています。

頭皮から分泌される皮脂には、テストステロンという男性ホルモンが関わってくるので、男性と女性が同じ中高年でも、男性の方が皮脂がたくさん出るので女性より枕がくさくなってしまいます。昼間より夜間の方が皮脂の分泌量が多くなる傾向がありますが、その原因として、夜更かしやストレスの蓄積などの生活スタイルが考えられます。

染み付いてしまった枕のにおいを除去するには、酸素系漂白剤を使うことでことです。枕カバーを交換するのもいいですね。枕のにおいが気になってなれなくなっては睡眠不足になってストレスがたまると、悪循環になりますので、改善、対策することをおすすめします。

加齢臭・枕のにおい2

年齢が中高年になると、加齢臭になる方もいます。別名、オヤジ臭ですね。加齢臭は中高年の男性だけがなると思いますが、実は女性の方や若い方でも加齢臭になる可能性があるので油断はできません。

自分のにおいは自分では気づきにくいもで、ずっとにおいを発していることで鼻が慣れてにおいを感じなくなってしまうのです。自分の臭いきになる方は、いつも使用している枕のチェックをしてください。においの対策をする前に、その原因がわからないと対策方法がわからないですからね。

加齢臭はどんなにおいがするのか分からない方もいると思います。一般的には、青チーズやろうそく、古本などがあげられます。どれも強烈なニオイではないのですが、気になるニオイではありますよね。周りの人はこういうニオイ敏感なので、言葉にはしないけど気づいている人は実際多くいます。

自分の年齢が30歳以上になったら、ニオイを確かめた方がいいですね。もし上記で紹介したニオイがしていたとしても、改善できますので安心してください。最近では、石鹸やシャンプーといった商品が多数でていますので、自分に合った商品を探して、ちゃんとケアをすれば自然と加齢臭は改善されていきます。

エイジングノート

みなさんはエイジングノートという言葉をご存知ですか?あまり聞き覚えのない言葉だと思います。エイジングノートといっても、体臭や口臭、足のニオイなどいろいろあります。一般的にいわれているのが、首の後ろあたりや、耳の下から加齢臭が出ると言われていますが、次に多いのが口臭です。

口臭のエイジングノートは、口の中を清潔にすればいいと思っている方が多くいますが、原因は口の中だけとは限りません。食べた物が原因なら、口の中をブラッシングをして清潔にしたら解決しますが、なかには解決しない場合もあります。

その場合の加齢臭の原因は、腸の中にあるかもしれません。腸の中には、善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌が多いと悪臭の元となり口臭の原因になってしまいます。

なので、腸内環境を整えることでも、口臭の改善、対策ができます。悪玉菌より善玉菌を増やせば改善されるのですが、どうすれば善玉菌が増えるのか気になりますよね。乳酸菌や繊維質、オリゴ糖などが必要になってきますのでごぼう、ヨーグルト、納豆、バナナ、大豆製品などの食品を摂取するようにしましょう。

善玉菌が増えると、お通じの改善にもなりますので、ニオイの元が体外へと排出され、加齢臭、口臭も自然となくなっていきます。今からでもおそくはないので、ぜひ実践してみてください。

加齢臭・頭皮と耳の裏

加齢臭はどこから発生しているかご存知ですか?加齢臭は皮脂腺から出ている脂肪酸がすることで、原因物質のノネナールが作られます。皮脂腺は全身にありますので、加齢臭は全身から発生することになります。足の裏と手のひらには皮脂腺がありませんので、これらを除いた箇所から加齢臭が発生します。

加齢臭対策として、皮膚をきれいにする事が大切ですので、毎日お風呂に入って皮膚をきれいな状態にしましょう。全身から加齢臭は発生しますが、その中でも悪臭がしやすい箇所があります。ワキ、首回り、耳の裏、頭皮、顔には特に注意が必要です。上記の箇所は脂肪酸が分泌する場所なので、洗い残しがないようにしっかりと洗いましょう。

特に洗わない人が多い箇所が、耳の裏ですね。自分の周りの人に耳の裏を洗っているか聞いてみてください。ほとんどの人が洗っていないと言うと思います。

耳の裏は、頭皮や首回りといった加齢臭に気をつけなければならない箇所が近くにあり、シャンプーなどの洗い残しがある可能性が非常に高い箇所になります。耳の裏は意識して洗わないと忘れてしまいやすいので、これからは、意識して洗いましょう。1日着ていたシャツの首回りから特にニオイがしていたら要注意ですよ。

加齢臭が発生する年齢

加齢臭が発生する年齢は何歳くらいからなのか気になりますよね。年齢が高くなると発生する、ノネナールという成分が発見された2000年には40代〜50代までの年齢の方が発しやすいと考えられていました。加齢臭という名前がついているので、若い方には無関係と認識されています。

しかし、最近では加齢臭が発生する年齢が低下してきているので若い方でも油断はできません。人によって個人差はありますが、平均でも30代前半に下がってきて、早い人では20代後半から発生している方もいます。

不快なニオイを発生させる原因として、日々の生活スタイルの変化や、ストレスを溜めすぎると、体臭に影響が出てきますのでストレスを発散と皮膚を清潔にすることが大事になってきます。

睡眠不足もニオイに影響が出てきますので、質の良い睡眠をとれる環境を作るのも大切ですね。最近、夜更かししているなと思った方は自分では気づかないうちに悪臭を発している可能性がありますので、枕にニオイを確認するか、周りの友人、家族などに確認してもらいましょう。

加齢臭は男性のものと考えてる人が多いと思いますが、女性の方にも加齢臭は発生するので注意が必要です。男性の方も、女性の方も加齢臭が気になるのであれば、生活習慣の見直しやストレスの発散などの改善や対策をしましょう。

喫煙は加齢臭の原因!?

喫煙は加齢臭の原因になるのか気になりますよね。喫煙は加齢臭の原因になります。何故かと言うと、タバコの煙が活性酸素を過剰に発生させて、抗酸化物質であるビタミンCを破壊してしまう事が実験の結果で明らかになっています。

活性酸素は本来、体内に侵入してきたウイルスや細菌を分解してくれる生命維持には欠かせない役割なのですが、過剰に摂取してしまうと体内の正常な細胞を傷つけてしまい、ニオイの元となる過酸化脂質を発生させてしまうのです。喫煙は活性酸素を過剰に発生させて、このような状況を作る手助けをしてしまっているのです。

仮に、活性酸素が増え始めたとしてもビタミンCで除去されるのですが、喫煙をしていると、このビタミンCが破壊されてしまうので、活性酸素が増え続けてしまいます。 このように、喫煙は過剰に発生させて、ニオイの元を作る原因となりますので、喫煙を控えることも大切になってきます。あと、タバコの煙のニオイが服とかについてしまうと、喫煙しない人には分かってしまうので、香水などをつけてニオイを消しておくといいでしょう。

加齢臭・チーズのニオイ

加齢臭といってもいろいろなニオイがあります。人によっても感じるニオイは違いますし、加齢臭を発生している人によって分かれるのかもしれませんね。一般的に言われるのが、ろうそくやチーズなどといったニオイです。なかには、古本のニオイと言う人もいます。

チーズといってもそんなに不快なニオイはしそうにないですが、実はそんな事はありません。ろうそくやチーズにニオイが似ていたとしても、香りではなくニオイという表現をされてしまうのです。

その加齢臭の原因と言われているノネナールは資生堂の研究で発見ました。このノネナールが原因で発生する悪臭のことを加齢臭と呼ぶようになったのです。しかし、加齢臭が発見される前にオヤジ臭はありました。最近では、オヤジ臭=加齢臭という風に思っている方が多いようですが正確には異なるものなので覚えておいてください。オヤジ臭のニオイは酸っぱい感じなので、加齢臭とは異なります。

消臭グッズなどいろいろありますが、専用の物にはノネナール対策する成分が入っている物がありますのでおすすめですよ。オヤジ臭でお悩みの方には、他の成分が入っている石鹸などがおすすめです。他にも、汗臭などもすべて消臭してくれるといった物もありますので、参考にしてください。

加齢臭・肉食と活性酸素

最近では、肉食の人が増えてきています。しかし、肉食を続けていると、活性酸素を増加させて加齢臭の発生させる原因になってしまします。自分では、ちょうど良いくらいと思っていても、脂肪分は摂りすぎている事が多いです。肉食ばかり続けていると、若くても知らないうちに加齢臭を発生させてしまいます。

脂肪分は悪い事ばかりではないので、まったく摂らないのは良くないですが摂りすぎている人が増えてきている事が問題になってきています。野菜などもしっかり摂らないと活性酸素が増加して、加齢臭だけではなく大腸がん、心臓病などといった病気のリスクも高くなりますので、バランスのとれた食生活に改善する事も加齢臭対策の1つです。

加齢臭の不快なニオイは、脂質が皮脂腺から分泌されることも原因となりますので、乳製品 や動物性脂質、タンパク質の摂り過ぎに注意しましょう。動物性脂質ばかり摂取していると、動脈硬化の原因にもなりますので、肉類、乳脂質の摂取を控えましょう。魚にはいっている油や植物油には動脈硬化を防ぐ働きがあるので、こちらをメインに摂取した方がいいですね。

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

↑ PAGE TOP

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー