加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

女性の加齢臭対策ランキング2013! 加齢臭の消し方や加齢臭の原因(男性、女性)を紹介

口臭を治す方法 原因をチェックして予防

食物残渣が原因の時の対策

口臭に悩んでいる方のなかには積極的に対策を行っている方もいると思います。外的に改善している方が多いと思うのですが、原因が内的であればいくら外から改善していても効果は出てきません。

口臭の原因として、食物残渣があります。食物残渣とは、口の中や胃の中にある食べカスの事です。これが口臭の原因になることがあります。歯と歯の隙間に詰まったカスを歯磨きなどで、磨ききれなかった場合にこれらが、口腔細菌のエサとなって腐敗発酵し、口から悪臭を発生させてしまうのです。

この食べカスを放置してしまうと、口腔細菌と水分をエサにして生息、増殖してこの細菌と細菌の代謝物がいったいとなった物が歯の表面に付着して、ネバネバした歯垢びなってしまいます。これが、最終的には虫歯になって、さらに悪臭を発生させてしまうのです。

この食べカスが原因の口臭は、食後にしっかりと歯を磨くことで歯垢を落とせるので口臭対策になります。胃の中の食べカスは、牛乳を飲む事で臭いが消えるという意見もありますが、効果があるのかははっきりしていないようです。

自浄殺菌作用

自浄殺菌作用という言葉を聞いたことはありますか?あまり耳にした事が無い方が多いと思います。自浄殺菌作用とは、唾液が本来もっている役目のことで、口腔内の口臭の原因となる繁殖するのを抑えてくれ、常に清潔に保つ働きのことを言います。しかし、何らかの原因で唾液の分泌量が減ってしまうと、自浄殺菌作用が低下していき細菌が増殖してしまって口臭を発生させていまうのです。

唾液の分泌量が減少する原因はいろいろありますが、第一に考えられるのが歯周病、虫歯です。それ以外にも生理的口臭という、寝起きや空腹時に発生する口臭や薬の副作用があります。こういった自浄殺菌作用の低下が原因の口臭には、水分補給をしっかりとすることが一番の対策方法になります。

他にもデオドラント効果のあるガム噛んだり、食事の時は良く噛んで食べる事を心がけたり、梅干しのクエン酸を摂る事で、唾液の分泌量が正常にすることができ、口臭を抑えることができます。

歯石沈着による口臭対策

歯石沈着は、歯石が沈着することですが、これが原因で口臭が発生することがあります。歯石という言葉をきいたことがある人は多いと思いますが、なぜ口臭に繋がるのか気になりますよね?歯と歯茎に挟まった歯垢が、唾液中のミネラル(カルシウム)が混ざり合って意思のように硬くなり歯に挟まってしまうもののことを歯石と言います。

歯の隅っこなどに黄色いものが付着していたら歯石に間違いありません。歯垢はたった2日の間に歯石になって、これを放置しておくと歯周病になる可能性があります。一度歯石が出きてしまうと、自分で取り除くことは難しく、歯科医院の専用の機械で削らないと取り出すことは困難になります。

歯石沈着を防ぐことは口臭対策に繋がりますので様々なデンタルグッズに工夫が施されています。歯石沈着は歯槽膿漏や歯周病などの原因にもなりますので、口臭対策だけでなく、歯の健康のためにも改善していきましょう。

歯茎が原因の対策方法

口臭には、いろんな原因がありますが、それに対していろんな対策方法があります。腸内が原因の場合もありますし、歯や歯茎、食生活など原因は様々です。ここでは歯茎についてお話していきます。

歯茎とは、歯をしっかりと支えてくれる土台になります。健康な歯茎のひとは、ピンク色でしまった感じになっています。間違った歯磨き やデンタルケアによって炎症を起こして変色してくると、歯肉炎という状態になり歯肉の腫れがひどくなって歯周ポケットが深くなってしまいます。

これが原因で、歯周ポケットに細菌の固まりのような歯垢が溜まってしまい、歯茎から血や膿が出てくるようになります。免疫力も低下していきますので、細菌が口腔内に繁殖しやすい環境になってしまい、それが原因で口臭を発生させてしまいます。

この状態が続いて歯槽骨までに及ぶと、歯がぐらつくなど事が起こり歯周組織の異常である歯周炎になってしまいます。歯周炎になりますと、自分で除去することができませんので、歯科医に取ってもらわないといけません。もちろん、このまま放置しておくと口臭は強くなる一方ですし、歯や歯茎の健康にも良くないのでちゃんと除去してもらいましょう。

口臭と舌苔

口臭の原因として、歯の周辺に増殖している細菌が食べカスなどを分解するときに放つ悪臭です。この細菌は舌の部分でも活発に活動しており、舌の上でもさかんに繁殖して悪臭を発生させているのです。

舌の上には。細かい突起があるのですが、この舌には細菌が隠れています。食後などに食べカスが残っていると、舌に隠れていた細菌が繁殖してしまい食べカスを分解してしまって悪臭を発生させます。

舌の表面に白くネバネバするものが広がっている事があると思いますが、それが、細菌が活発に活動している証拠なのです。この白くネバネバしたものは、舌苔と呼ばれる物で、歯垢などと同じく口臭がきつくなる原因になります。

舌苔が溜まると、口臭の原因を作る嫌気性の細菌が増殖するのを助けてしまって、溜まった舌苔が分解されるときに悪臭を発生させてしまいます。舌の様子は自分の健康状態知ることができ、ピンク色をしていて、小さな突起があるときは健康な状態になります。ひび割れがあったり、腫れていたりすると身体のどこかに以上があるかもしれませんので注意しましょう。

舌に舌苔がついていると、健康状態が分からなくなってしまいますので、舌苔はなるべく取っておきましょう。それ以外にも、口臭の原因となる嫌気性細菌が増えて口臭がきつくなることに繋がりますので、溜めすぎる状態を作らずに、普段から舌苔を取り除くように心がけることが大切になってきます。

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

↑ PAGE TOP

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー