加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

女性の加齢臭対策ランキング2013! 加齢臭の消し方や加齢臭の原因(男性、女性)を紹介

頭皮の臭い対策シャンプーランキング

男性用シャンプーランキング

U-MAシャンプー(男性用)

頭皮のトラブルを改善してくれるU-MAシャンプー。女性のスキンケアで注目されている馬油を使用...

>> 公式サイトへ

プレミアムブラックシャンプー

ブラックシャンプーは楽天で人気のシャンプーで、頭皮の健康を考えられたシャンプーです。頭皮...

>> 公式サイトへ

女性用シャンプーランキング

アンプルールプレミアムフィト

女性の頭皮トラブルを改善してくれるアンプルールプレミアムフィトは、頭皮だけでなく髪も同時...

>> 公式サイトへ

U-MAシャンプー(女性用)

薄毛などの悩みを抱えている方に人気のあるU-MAシャンプー。頭皮の環境を整える事で気になる...

>> 公式サイトへ

頭皮の匂い対策としてのシャンプーの選び方

頭皮の臭い対策として、いろいろなシャンプーの製品があります。いつも使っているシャンプーでも効果はあるのですが、頭皮の臭い専用のシャンプーを使用する方が効果が大きいですし効率的にも良いのでおすすめです。

しかし、いろいろな種類のシャンプーがありますので、どのようなシャンプーを選んだらいいか分からないという方もいると思います。ここでは、シャンプーの選び方について説明していますので、参考にしてください。

頭皮の臭いの原因は、主に皮脂と汗が整髪料や空気中の雑菌が結合することで酸化した臭いが発生してしまうのと、皮脂を除去しすぎてしまう、効き目が強すぎるシャンプーを使用してしまうと、過剰に皮脂が分泌されてしまい、雑菌と結合して、悪臭を発生させているのです。

頭皮の臭いを改善していくには、上記のようなことが起こらないシャンプーを選ぶ必要があります。シャンプー選びとしての3つのポイントは「低刺激」「適度な洗浄力」「頭皮環境の改善」を目的としているシャンプーが望ましいです。

重要なことなどで繰り返しますが、効き目が強すぎるシャンプーは使わない事です。適度な洗浄力をもったシャンプーを使用して、頭皮の皮脂と汗が本来の機能にすることが頭皮の臭いの改善になってくるのです。

頭皮環境を良くすることで、髪も健康に育ちますので、抜け毛や薄毛を予防することにもなり、自然と頭皮の臭いも消えていきます。ラムダケアという製品は元々、発毛、育毛を促す製品なのですが、皮脂をほどよく除去してくれますので頭皮の臭い対策としても使えるのでおすすめの製品です。この他にもいろいろな製品がありますので、参考にしてください。

頭皮の匂い対策・皮脂の分泌量

頭皮を健康に保つには、適度に皮脂と汗が必要になってきます。しかし、過剰に皮脂を分泌させてしまうと、頭皮の臭いの原因になります。対策方法をとして、いかに皮脂の分泌量を適正に保つかがポイントになってきます。

頭皮がベタベタしたり、湿ったフケがある人は皮脂の分泌量が一般の方よりも多くなります。皮脂の分泌量が多い方すぐにできる対策方法として、食生活を改善することです。

洋食が好きな方のほとんどが肉類を好んで食べていると思いですが、この食生活をしている方の多くが、皮脂の分泌量が多い傾向にあります。魚や野菜などを進んで食べる事も対策になりますので、ぜひ実践してください。

上記とは逆に、乾いたフケあったり、乾燥肌の方は皮脂の分泌量が少なくなっています。分泌量が少ない方は、臭いよりも毛穴に雑菌が入りこん炎症を起こしたり、頭皮のかゆみなどに悩まされる方が多いようです。

このような方は、洗浄力の強いシャンプーを使っていないかを確認して、もし使っているのであれば、弱酸性の低刺激で洗浄力の弱い「アミノ酸シャンプー」を使用すると良いでしょう。

シャンプーを換えるだけでも頭皮環境を改善できて、適正な皮脂の分泌を促すことができます。シャンプーをすればするほど、頭皮の臭いは消えていきそうですが逆効果になりますので止めましょう。

頭皮の皮脂は24時間で通常の状態になるのですが、1日に2回以上シャンプーをしてしまうと、皮脂が通常の状態になる前に皮脂を取り除くことになります。シャンプーは決められた時間に1日1回と自分の生活スタイルに合わせて決めましょう。できれば、寝る前が良いですね。

ここで分かった事は、頭皮の皮脂は、多すぎると臭いに影響がでてしまい、少なすぎると炎症などを起こして、かゆみなどの原因になってしまうことですね。頭皮の皮脂を適正に保つ事で、臭い以外にも様々な症状を防ぐことになりますので、適正な改善、対策をして頭皮の環境を良くしていきましょう。

良い汗と悪い汗

頭皮の臭い原因は汗にあるのですが、汗にも”良い汗”と“悪い汗”があります。この汗の性格を理解した上で、日頃から良い汗をかいて改善していく習慣を身につけていきましょう。

頭皮は身体の中に1番毛穴の数が多く、エクリン腺とアポクリン腺と皮脂腺が多い箇所になります。実際にアポクリン腺は、脇の下と性器の周辺にしか存在しておらず、大昔に異性を引きつけるフェロモンの役割があったと言われています。現代では、退化しつつあり、エクリン腺と皮脂腺がメインになっています。

体温が上昇してくると、血液からミネラル分や水分が汗腺取り込まれて、身体に必要なミネラル分が血液に再吸収され、水分と少しの塩分だけが汗となって体外に排出されるのです。これが、本来の良い汗でサラサラとしていて蒸発しやすいので体温調節がしやすくなるのが特徴になります。

汗腺の機能が何かの原因で鈍り、血液にミネラル分を再吸収することができず、水分と一緒に汗とでてきてしまうのが悪い汗になります。この悪い汗はベタベタとしていて蒸発しにくくなり、体温調節がうまくいかなくなります。現代の人には、この汗をかく人が多く、これが頭皮の臭いと密接に関係しているのです。

良い汗の表面は酸性、悪い汗の表面はアルカリ性になっていて、頭皮の臭いの原因である雑菌はアルカリ性のもとで繁殖していきます。良い汗は、塩分を含んでいますので、皮膚の表面を酸性に保って、雑菌の繁殖を抑えてくれます。なので、良い汗をかいていれば、頭皮の臭いは気にならないのです。皮膚の表面が酸性なので、雑菌が繁殖しにくいため、雑菌が酸化することによ臭いは発生しないということになります。

悪い汗は、ベタベタしていて蒸発しにくく、ミネラル分を含んでいるので、皮膚の表面をアルカリ性に保ってしまいます。アルカリ性の皮膚は雑菌が繁殖しやすくなっていますので、汗の臭いが強くなって結果的に頭皮の臭いが強くなってしまいます。

汗をかく理由として1番大きく関わっているのが生活習慣です。運動不足によって汗を全くかかない事が1番良くないのですが、その他に、肉類中心の食生活、人間関係や仕事でのストレス、エアコンなどの空調が整っている所でほとんど過ごしていることも良くありません。

日頃から汗をかく習慣を身につけていないと、汗腺が本来の役割を忘れてしまって、老廃物や角質が溜まってしまい、たまに汗をかくと、それらが一気に排出されます。これも頭皮の臭いの原因になりますので、日頃から汗をかく習慣を身につける事が対策方法になります。

頭皮の匂いの発生源を確認

頭皮の臭いを改善していくにも、その原因、発生源を知っていないと始まりません。発生源は人それぞれで、その人の生活習慣や生活環境などいろいろあります。頭皮の臭いが気になっている方は、まず臭いの原因はどれくらいあるのか”発生源の確認”をしていきましょう。

髪の毛はちゃんと毎日洗っていますか?髪の毛が生えている頭皮にある汗腺、皮脂腺は常に活動をしています。頭皮を洗ったあとでも活動しています。その皮脂と汗が混ざり合い、空気中の有害物質と結合し、酸化することで臭いを発生させてしまうのです。毎日髪の毛と頭皮を洗っていないと、皮脂や汗がどんどん溜まっていき、臭いを発生させるだけでなく、毛穴が詰まって抜け毛の原因にもなってしまいます。

しかし、頭皮を洗いすぎる事は良くありません。頭皮の皮脂と汗は身体の機能を正常に保つために働いているので、1日に何度も洗ってしまうと身体が皮脂の汗の量を適正に保とうとするので余計に皮脂が分泌されてしまいます。結果的に頭皮の皮脂と汗の分泌量が増え、臭いが強くなっていきます。なので、頭皮を洗うのは1日に1回にしましょう。

髪の毛には、周りの臭いを吸収しやすい性質をもっており、その臭いを濃縮して発散させます。タバコを吸う人や、タバコを吸っている人の近くにいると、髪の毛はその臭いを吸収して臭いを発生させてしまいます。頭皮の臭いとは違いますが、頭から嫌な臭いがするのには変わりありませんので、タバコを吸う人はなるべく控え、吸わない人はタバコを吸っている人の近くに寄らないようにしましょう。

ペットを飼っている場合も髪の毛の臭いに気をつけましょう。すごく清潔にしていても動物の臭いは強く、残ってしまうものです。ペットを買っている方はできるだけ、ペット自体や家の中を清潔に保ちましょう。

シャンプーをした後、半乾きのままいることはありませんか?特に朝にシャンプーをする方は急いでいることが多いので、完全に乾いていないまま外出してしまうことがあります。湿った髪の毛には臭いが付きやすいという特徴があります。なので、シャンプーは夜、寝る前にして、しっかりと乾かしましょう。

頭皮のフケも臭いの原因の1つになります。フケは細菌が好む場所になりますので、フケが多い方は自然と皮膚ダニや細菌が増えていき、臭いが強くなってしまいます。頭皮を清潔に保つ事が対策になるので、日頃の洗髪をしっかりと行いましょう。

このなかの発生源で当てはまるものはありましたか?いくつか当てはまっても、1つ1つ対策していけば臭いも改善されていきますので、これからしっかりと対策を行っていきましょう。

クレンジングで臭いを改善する

頭皮の汗と皮脂と皮脂は整髪料などの汚れと結びつき、頭皮と毛穴に付いて酸化する事によって嫌な臭いが発生します。この状態で放置しておくと臭いは強くなるばかりで、他にもこの臭いが原因で、周りの人にクサイとか思われていないだろうかと考えだしてしまうと、ストレスになります。このストレスが臭いの原因になりますので、なるべくストレスを感じなくする方法を見つけるか、スポーツや趣味など、自分に合ったストレス解消法で改善していきましょう。

髪の毛の潤いを保つには、頭皮の皮脂と汗が必要になってきますが、洗浄力の強すぎるシャンプーなどで落としすぎてはいけません。しかし、毛穴に汚れが詰まった状態にしておくと、頭皮の問題だけではなく、頭皮の皮膚呼吸ができなくなってしまい、毛母細胞が酸欠状態になってしまうことで、脱毛症を引き起こす原因にもなります。

シャンプーをする前に、頭皮クレンジングをすることで、頭皮を健康な状態にすることができます。この健康な状態になれば頭皮の皮脂や汗が順調に分泌されるようになって、髪の毛が潤った状態に保つことができ、頭皮に酸素が十分に行き渡るので、脱毛を予防することにもなります。

頭皮を綺麗に保ちたいからと言って、1日に何回もシャンプーすることは逆効果になります。シャンプーの回数が多いほど、頭皮は敏感に反応して、頭皮を守るために皮脂や汗を必要以上に分泌してしまいます。必要以上に皮脂や汗が分泌されれば、それだけ汚れと結合しやすくなって、酸化もしやすくなってしまい結果的には臭いが強くなってしまうので、シャンプーは1日に1回にしましょう。

頭皮の匂い(女性)

頭皮の臭いは男性の方に多いと思われていますが、女性の方にも臭いが発生してしまう事もあります。その原因で多いのが朝の忙しい時間にシャワーを浴びる、『朝シャン』をして半乾きのまま外出してしまい、それが原因で臭いを発生させているのです。

朝の忙しい時間にシャワーを浴びると、洗髪が雑になりがちで、しっかりと汚れを洗い流せていない場合があります。朝シャンにはのような間違った洗髪方法になってしまうため、頭皮の皮脂の分泌量を増やしたり、減らしたりと頭皮のトラブルを引き起こす事に繋がります。

それ以外にも、ドライヤーで頭皮と髪の毛をしっかりと乾かす事をせず、そのままの状態で外出してしまう人もいますが、これは大問題です。外気中に頭皮の臭いの原因になる物質がたくさん存在しており、湿った髪の毛は臭いを吸収する性質を持っているので、頭皮から臭いが発生します。女性の方で頭皮の臭いがしている場合は、朝シャンを止める事が臭い対策になります。

頭皮の臭いとは関係のない話になりますが、冬場などに頭皮と髪の毛を半乾きのまま、外の寒い外気にさらすことで後頭部にある脳下垂体が冷やされてしまって、ホルモンの分泌が悪影響になります。低体温にもなってしまいます。女性は身体を冷やす事はあまりよくないので、このような事にも注意して頭皮の臭い対策をしていきましょう。

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

↑ PAGE TOP

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー