加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

女性の加齢臭対策ランキング2013! 加齢臭の消し方や加齢臭の原因(男性、女性)を紹介

ワキガの臭い対策

ワキガ対策としてストレスとうまく付き合う

もし自分がワキがだと気づいたら、周りの人に対しても自分に対しても何らかの対策が必要になります。周りの方に迷惑をかけないのは口臭や足の臭いなどと同じくエチケットとなりますが自分にとっても臭いがきついという事が原因でストレスが溜まっていき、人と接するのが怖くなったり、ひどい場合だと鬱になってしまいます。

ワキガの原因は身体だけの問題ではありません。精神的な問題もあり、その1つとしてストレスがあります。ワキガの臭いがきついのが原因でストレスを溜めてしまう方も多いでしょうが、それは臭いを余計にきつくしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。普段はワキガの臭いはしない人でも何かが原因でストレスを感じてしまうと、途端に臭いがきつくなる人もいます。

ワキガの対策方法はいくつかありますが、ストレスが問題になってくると、外的な対策より、ストレスを発散させる方がいいでしょう。友人などに相談したり、それは気が引けるのであればカウンセリングを受けるなどして、自分の悩みを聞いてもらいましょう。人に悩みを打ち明けることだけでもかなり気が楽になると思いますので相談しにくいかもしれませんが、勇気を出して相談に乗ってもらいましょう。

その他にも軽くスポーツや趣味に没頭するのも良いですね。なるべく頭の中から「自分はワキガ」ということを忘れるようにすると、ストレスを感じることがなくなるようになります。あと、自分だけがワキガなんだと思い込まないようにしましょう。他にもワキガで悩んでいる人はたくさんいますので、気を楽にして改善、対策をすることが大切になってきます。

すそわきがの治療法

ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗によって雑菌が繁殖してしまう事が原因になりますが、アポクリン汗腺は陰部にも集中しておりワキガの臭いがきつい方の中に陰部の臭いもきつい方がいます。陰部の臭いがきついことをすそわきがと呼んでいます。

このすそわきがは男女ともに発生しますが、女性の場合、おりものや分泌物によって臭いがする場合がありますので、すそわきがと間違われる方もいます。特におりものや分泌がないのに、陰部からの臭いがきつい場合はすそわきがの可能性が高いです。

すそわきがの治療法は、通常のワキガと同じでアポクリン汗腺を除去する手術が一般的になります。しかし、手術する部位がデリケートなので、メスを入れるのになかなか踏み込めない方も多いと思います。

そういった方のための治療法として、超音波を使った手術があります。この治療法は一般的なワキガを超音波でアポクリン汗腺を除去するのと同じく、陰部にも適用できますので、メスを使わずに治療することが可能になります。ただし、すそわきがの手術をすると、陰毛が薄くなってしまいます。なぜかというと、アポクリン汗腺だけでなく、毛根も一緒に除去してしまうからです。

これは、超音波だけでなく、他の治療法でもなりますので、臭いを消すには毛根もある程度除去しなければなりませんので、もし治療することを考えているのであればこのことを頭にいれておいてください。そういったデメリットはありますが、すそわきがを元から治療したいのであれば一番手術する事が、有効だと言えます。

ワキガと多汗症の対策

ワキガの臭いを手術で治療する場合は、アポクリン汗腺という汗を分泌する機能を除去します。それは、アポクリン汗腺から分泌される汗が雑菌と混ざり合ってワキガの臭いの原因になるのですが、手術する事で汗の量が減りますので、汗の量が多い方、いわゆる多汗症の改善にもなるのです。多汗症の方は、ワキガの臭いを発生させるだけでなく、シャツなどに汗が付着して黄ばみを作ってしまいこれで悩んでいる方も多くいます。

多汗症の原因は、アポクリン汗腺の活動が活発なことです。ワキガの治療は、アポクリン汗腺を除去して、汗の分泌を減らす事で改善されるのですが、多汗症はこれだけでは改善されないのです。それはなぜかというと、脇の下にはアポクリン汗以外に、エクリン汗腺とよばれる汗腺があり、これにも汗を分泌させる働きがあるのです。

なので多汗症を改善するときは、アポクリン汗腺と一緒にエクリン汗腺も除去してもらう事で改善できますので安心してください。切開の手術が一般的になりますが、最近では超音波での手術がありますので、おすすめです。メスをいれないので、出血もしませんので気楽に手術を受ける事が可能です。

ワキガの治療後に確認しておく事

ワキガの臭いは自分で気づく人もいますが、中には周りの人は臭いに気づいているのに自分は気づいていないケースの人もいます。ワキガの臭いに自分で気づいている人は治療後にワキガの臭いがなくなったかを確認することができます。

しかし、自分でニオイに気づかない人は周りの人から教えてもらって気づく事が多く、この方達が治療を受けたとしても、臭いが消えたのか分からないため自分で確認することが困難になります。なので、周りの人に協力してもらって確認をしてもらうのが良いのですが、日本人は臭いに敏感でワキガの臭いを嫌がっている人は少なくありません。

そのため、治療した後に他人に確認してもらうのは気が引けるという方もいると思いますし、他人が思っている以上に勇気が必要になります。本人が頼みやすい友人などでもいいのですが、1番安心して確認できるのは”家族”です。家族なら他人より率直な意見を言ってくれますので、正確な確認ができます。

やはり、臭っている、いないか、はっきり言ってくれる方がすっきりしますし、もし、臭いが残っているのであれば、今後の事も考えなければなりませんので、正確な意見は大変貴重になってきます。ここで、はっきりしておかないと、臭いは消えたのかが分からないために治療したにも関わらずに周りの目を気にしたりしてストレスを溜めてしまう原因になってしまいます。

ワキガの臭いはストレスが原因で強くなっていきますので、このような状態は悪循環になります。治療後の臭いの確認は精神的にも必要になってきますので、自分で確認できない人は家族などに協力してもらって確認してもらいましょう。それだけ治療後の確認は大切ということです。

ワキガの臭いを香水でカバーできる??

ワキガの臭いが強くて、その臭いに自分で気がついている人は、香水で臭いをカバーしている人がいます。

香水をつけるという行為は、もともとお風呂に入る習慣が無かったヨーロッパの方達が男女問わずに、体臭をカバーするという目的で使用されていたと言われています。現代でも欧米人は香水をつけることが普通になっていて、香水をつける事がマナーとされていますので、体臭を隠すという意味合いがあるのかもしれません。

こういったことから、ワキガの臭いも香水で抑えられると考えられるのですが、香水はワキガの臭いを抑えるために作られていないので、場合によってはワキガの臭いと香水の臭いが混ざって、変な臭いがする事もあります。

しかし、香水には即効性がありますので、使いたくなると思います。そういった時は、臭いが強い香水は避け、さっぱりとした柑橘系のものにしましょう。そのあとに、香水をつけた事によってワキガの臭いがどのようになったかを確認する事が大切になります。周りの人を不快な思いにさせないと考えて香水をつけても、逆に変な臭いがしていては、周りの人を不快にさせてしまいます。

つけた後にも注意が必要で、時間が経ってちょっとした汗をかいたりすることで、臭いが変化してくることもあるのです。なので、最初に香水をつける量を少量にしておき、様子を見る事も大切になります。

香水以外にも、長時間消臭効果があるデオドランドジェルなどのグッズがありますのでおすすめです。香水だと1日中効果が持つ事はありませんが、デオドランドジェルは1日中、消臭効果がありますので、飲み会など言っても、来る前にジェルを塗っておけば、ワキガの臭いを気にしなくてもいいので楽しくお酒を飲む事ができますよ。

手術を考えている方は、最近ではメスを入れなくてもいい、超音波での手術があります。やはり、自分の身体にメスを入れる事には抵抗があると思いますので、この超音波での手術が良いかと思います。

ストレスと汗の関係

人間は嫌な事があるとストレスを感じます。特に日本人はストレスが溜まりやすいと言われていて、仕事やプライベートいった面でストレスを感じている人がたくさんいます。

人はストレスを感じると汗が出やすくなる性質を持っています。それは、精神的に緊張状態になると手やワキなどといった所から汗が出やすくなり、この状態が長く続いてしまう事で、汗をかく量が多くなってしまい臭いを強くさせる事になります。

ワキガの臭いがきつい人が緊張状態になってしまうと、いつもより汗かいてしまってさらに臭いが強くなってしまうのです。中には、自分がワキガという事に気がついて、それが原因でストレスを感じ、緊張状態になって汗をかく・・・と言った悪循環に陥ってしまうケースも少なくはありません。

こういった状態にならないためにはなるべくストレスを感じない事です。しかし、今の時代にストレスを感じないようにすることは難しいですよね。なので、このストレスとうまく付き合って行く事が1つの対策方法になります。

ストレスを感じたら、リラックスすることが大切になります。肩を上下させたり、軽く体操したり、深呼吸するなどして少しでもストレス軽減しましょう。ワキガの臭いがしてきたとしても、すぐに抜き取ってなるべく緊張状態になることを避ける事を心がけましょう。この事を深く考えすぎてもストレスを感じてしまうので、何か趣味などの時間を作るのもことも大切になります。

ストレスを解消していきながら、自分が何に対してストレスを感じやすいかを見つけて、それに合ったストレス対策をする事が、ワキガの臭い対策にも繋がります。ワキガの臭いがきつくても、対策方法はたくさんあるから大丈夫と思うくらいの気持ちでいると少しは気が楽になってくると思いますよ。

ワキガの原因は食生活にある

ワキガの臭いは日本人より欧米人の方が強いと言われていますが、その理由は食生活にあります。ワキガの臭いは汗だけでなく、酸化状態になることでも強くなります。この酸化状態をつくる原因になるものが中性脂肪です。この中性脂肪は血液中のコレステロールと深く関係があり、コレステロールが増えていくにつれて、中性脂肪も増えていきます。コレステロールが増えてしまう原因は高たんぱく、高脂質を過剰に摂取することです。

肉類は、高たんぱく、高脂質になり、最近では洋食化が進んできて肉類を食べる事が多くなってきています。このような食事は欧米人がよく食べているので、臭いにでる影響が多く、臭いがきつい人がたくさんいるのですが、日本も洋食化が進んできていますので、ワキガの臭いがきついひとが増えてきています。

その逆で、低たんぱくな食べ物は和食になります。日本人はもともと、魚や野菜をよく食べていたのですが、欧米の文化が日本で普及したのをきっかけに、食生活も変わってきています。その結果、日本人でもワキガの臭いが強い人が増え続けているのです。

いろんなデオドランド製品や手術で対策を考えている方は、これらの方法をする前に食生活の見直しをしてみましょう。食生活が変わるだけでも臭いを抑える事は可能になります。

いきなり肉類を全く食べないようしてしまうと、ストレスが溜まって臭いに影響がでるかもしれないので、少しずつ量を減らしていきましょう。主に、魚や野菜を中心とした食事に切り替えることが、ワキガの臭いを抑える対策になってきます。

脇を清潔にしておく

ワキガの臭いは脇の下から出てくる汗が原因で臭いが発生するのですが、汗自体にはもともと臭いはありません。

皮膚に付着した細菌が、汗に含まれている分泌物やたんぱく質を栄養にして、細菌が繁殖することでワキガとして臭いを発生させているのです。もし汗をかいても、細菌が繁殖しないようにすれば、ワキガの臭いが発生しないという事になります。

この細菌の繁殖を抑えるには、細菌の栄養分になる汗をこまめに拭いて、脇の下をできるだけ清潔にすることです。汗をかいたまま放置しておくと最近が繁殖する環境ができてしまうので、汗をかいたら自然に拭いているくらいになるまで心がけていることが臭いを抑える対策方法になります。

一般の方より汗をかきやすい方『多汗症』の方は特に気を使ってこまめに拭いていきましょう。普通の人よりも汗が出やすいと言う事は、その分ワキガの臭いが強くなる可能性が高くなりますので、日頃からのケアが重要になってきます。

汗を拭き取る方法としては、普段使っているタオルで十分拭き取る事は可能です。このちょっとしたことがワキガの臭いを抑えることに繋がります。周りの方にも迷惑がかからないようにワキガの対策に取り組んでいきましょう。

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー

↑ PAGE TOP

加齢臭対策ランキング 防止グッズのシャンプー